歯を失った方へ

歯のない部分をどうやって治療するかお悩みではないですか?

歯を失った方へ

歯のない部分の治療は、ブリッジ、義歯、インプラントの3つの選択となることは、皆さま承知のことと思います。しかし、相談する歯科医院の得意分野によって説明の内容が少しずつ違っているのが現状かもしれません。 例えば、インプラントの得意な医院であれば、インプラントが最も良い治療だと説明するでしょうし、義歯が得意な医院であれば義歯を勧めると思います。ブリッジも然りではないでしょうか。しかし、本当にその患者さんにとってベストな治療方法なのかと言うと疑問もあります。

ブリッジも義歯もインプラントも当然、利点もあれば欠点もあります。それは一般的な特徴であって、患者さん個人にあったものとは限りません。何故なら歯肉状態、骨の形や質、咬み合わせの特徴など患者さんそれぞれの状態が異なる事と、治療の考え方や価値観があるからです。

インプラントも簡単にできる場合と難しい手術を考える場合もあります。義歯も見た目がきれいな義歯もあれば違和感の少ない義歯もあります。勿論、ブリッジに適している場合も沢山あります。

大切なことは、それぞれの患者さんに、治療方法、その特徴に加えて、現在の患者さんの状態や患者さんの要望を考慮して、その方に最も合う治療方法の提案とご相談だと考えます。
そのことをラポール歯科医院は大事にしていきます。

歯を失った治療法

歯を失った治療法

左の写真は、上の前歯6本が無くなってしまった状態です。

これだけ歯の無い部分が大きいとブリッジにするための土台となる歯が少なく、また土台自体にかかる力も相当なものになるので、ブリッジはお勧めできないです。

残る治療方法として、義歯かインプラントになります。

インプラントの治療

インプラントの治療

ここで、インプラントの得意な医院ならインプラントを勧めるでしょうし、義歯が得意な医院であれば、義歯を勧めることが多いと思われます。

しかし、インプラントが絶対ではないですし、勿論義歯が必ずしもベストとは言えません。

大切なことは、それぞれの良い面だけではなく問題点も含めて情報を患者さんに提供し、その患者さんに合った治療法を一緒に探していく事だと思っています。

この患者さんは、どうしても義歯を入れると気持ちが悪くなるとの事でインプラントの選択を致しました。

このページのトップへ

ラポール歯科医院
〒060-0032
札幌市中央区北2条東7丁目
ラポール永山公園MS1F

TEL:011-232-7778
定休日:日曜・祝日